松尾芭蕉は伊賀忍者?

江戸時代に46歳という年齢で一日に数十kmを歩いたということや、出身が伊賀国であったことから、松尾芭蕉には伊賀忍者や公儀の隠密だったのでは?という伝説があります。

ということはどうでもいいのですが『おくのほそ道』の中にツボ(足三里)の記述があります。下の画像は、ある講演でそのことに触れる資料を作ったときにAdobe Illustrator CCで作成した松尾芭蕉の図で、オリジナルは葛飾北斎によるものです。

なかなか趣がある・・・かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です